一般診療

理想的な口腔環境へ

 一度削って埋めた歯には、詰め物と歯質の間のわずかな隙間から虫歯菌が入り込みいずれまた虫歯になります(二次う蝕)。
それを詰めなおすたびに詰め物のサイズはおおきくなり、歯質を失っていきひいては抜髄、抜歯へと至ります。

 これからの歯科治療は、虫歯を早期に見つけて削って埋めるのではなく、虫歯にならないように、歯周病が進行しないように予防を行っていくことが大切です。
歯はなるべく削らない、詰めない、かぶせない、抜かない。
 そのため、虫歯になる前に、歯がグラグラし始める前に定期的に歯垢や歯石を除去し、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といわれる機械的歯面清掃(prophy)を行います。
そして、フッ素を活用して虫歯予防に注意を払っていただきます。

 ただし、不幸にも歯に穴が開いたりしてしまって食べ物が詰まる、しみる、痛い場合。
また、歯茎が腫れた、親知らずが痛い、入れ歯が痛いというように治療の必要な状態になった場合には基本的には保険診療に則って、最善を尽くして治療を進めていきます。
保険内だけでなく保険外の自費治療でも有効な選択肢がある場合、その旨をお伝えし患者さま自身に、保険診療、自費診療さまざまな選択肢の中から一番いいと思う方法を考えて選んでいただくという形をとっております。

機械的歯面清掃と定期的メンテナンスについて。

Prophy is a non-therapeutic procedure for the maintenance of a healthy mouth.
It is only provided for patients without periodontitis.
It is primarily a supragingival procedure and is provided at six-month intervals.

 歯周病に陥っていない人の場合には、健康な口腔内状態を保つため 主に歯肉縁上の処置を中心にメンテナンスを半年に一回行っていきます。

 しかし、ヒトは40歳を超えてくると 歯周組織の細菌感染の問題だけでなく骨代謝が落ちることもあって、どうしても徐々に歯槽骨が落ちていきます。
自然と歯周ポケットも深くなりそのまま何もせず炎症のコントロールを継続して行っていないならどんどん、歯周病が進行し、歯を失っていくことになります。

Periodontal maintenance (PM) is ongoing treatment for periodontitis, which is a chronic and non-curable bacterial infection.
The objective of PM is to keep the disease under control.
Any type of periodontal treatment is ineffective in the long term without an effective PM regimen.
Periodontal maintenance is provided every three months.

 慢性的で細菌感染を排除できない「歯周病」においては 炎症をコントロール下におく目的でPeriodontal maintenance (PM)、歯周病のメンテナンスを「継続的に」行います。
しかし長期間、歯周病メンテナンスを行っていないのならば、十分な効果は期待できません。
歯周病の進行している方のメンテナンスは3か月ごとに行います。

PAGE TOP