小児歯科

小児歯科

むし歯ができたら、子どもさんに痛い思いをさせて削って埋めなければいけない。これが歯医者さんの常識だと思います。

しかし、必ずしもそれは正しいことなのでしょうか?

むし歯はあっても進行しなければ良いのではないでしょうか。

小児歯科

むし歯ができたらまず削って埋めるという考えは今や誤りであると考えております。
まずはフッ素のうがい、フッ素塗布によって歯を強くし、むし歯にならないような環境を整えてあげましょう
歯みがきは大人でも難しいものです。磨けているつもりでも磨けていないものです。子どもさんならなおさらです。
それならば、まずフッ素のうがいで歯を強くして、むし歯にならないようにしてあげるだけでも大きくかわります。フッ素のうがいを継続していると歯が本当につやつやキラキラになります。汚れも付きにくく着色もしにくくなります。
そして、もしむし歯ができてしまっても、フッ素のうがいをしっかり継続して行っていくことでむし歯の進行を抑えることが可能なのです。

当院での「定期健診」の考え方は、むし歯がひどくなる前に見つけて削って埋めるというものではありません。
むし歯が進行していないかの確認、フッ素のうがいがしっかりできているか、歯みがきも頑張ってもらえているかの確認のためといいう考え方です。

小児歯科

食事をすれば汚れがつきます。仮に食事をしなくても口の中にいる細菌の活動で口腔内は汚れていきます。
これは当たり前のことで、どうしようもありません。
しかし歯が強ければむし歯にもなりにくいです。フッ素コーティングされたフライパンでは洗いやすいですが、歯もフッ素で強化・コーティングされていれば、歯の表面はつやつやで汚れもさっと落ちます。
当院ではいきなり削るのではなく、まずは状態を管理し、定期的に日々のフッ化物うがいができているかをみます。そして今後むし歯にならないように、またむし歯になっていてもそれ以上進まないように維持管理していく方針で診療を行っております。

PAGE TOP