小児歯科

小児歯科

小児歯科も大人の歯と同様、いや、それ以上に予防が重要です。
虫歯ができたら、ただ削って埋めればいいやという考えは今や誤りであると考えております。
また。塗ったら黒くなる進行止めのお薬(サホライド)で様子をみるだけではなくそれぞれ個人の成長発育を考慮した診療をおこなうべきと考えております。

小児歯科

小児歯科の治療はただ単に大人を小さくしただけではありません。歯の形態や歯の神経の状態が異なるため処置も大きく違います。精神的にも発達途上にあるため大人とは違った対応が求められます。誰だって初めてすることに対して、恐怖感があるものです。
歯医者に初めて来た子供さんはいくら歯が痛いといってもそれとこれとは別。治療をうまくさせてくれません。
待合室で待ってる時向こうのから「チュィィィィィィィ−ンンン」って音聞こえてくるし、なんなの?マジ怖いんだけど?って感じ。
そして、自分の番がきて診療チェアーにすわらされて横になって・・・初めての経験。
さっきの「チュィィィィ−ンン」は何?あれ、今度は私の番?
もう、なにされるかわからないし、恐怖でしかないです。

少しづつ少しづつ慣れていってもらえるように
「はい、風さんですよ〜大丈夫かな〜?」
「今度は鏡さんをお口に入れるね〜?」
「おー!できたできたやん!すごいやん〜!」

と、子供さんに合わせてゆっくり少しずつ。
しかしやるときはしっかり手早く治療する必要があります。そして定期健診やフッ素を活用して、継続した予防を行うことが必要です。

小児歯科

歯と歯の隙間が虫歯なって、歯が寄ってきてしまったら永久歯に生え変わるときにうまく歯が並びません。
そうなると床矯正装置を用いて歯槽骨を広げてあげる必要があるでしょう。
歯が生え変わったばかりの永久歯は歯は見えてるけど根っこがまだ未完成だったりエナメル質が幼若だったりします。
フッ素を専用にブラシ、ラバーカップで塗り込むことでで歯質を強化し虫歯の予防につとめていかないといけません。
一番虫歯になりやすい奥歯の咬む面の溝を歯を削らずにフッ素を徐放するセメントで埋める処置などをおこなっています。(シーラント)

食事をすれば汚れがつきます。食事をしなくても口の中にいる細菌の活動で口腔内は汚れていきます。
これは当たり前のことで、どうしようもありません。
問題は、その汚れを長時間放置したり、汚れの量が多かったりする事によって虫歯になったり、口腔内の粘膜に炎症をきたしたりすることです。

定期的にお掃除を行って虫歯などの疾患を予防することが重要です。
これには大人も子供も変わりありませんが子供さんの場合、成長とともにうまく歯が並んでいくかも見ていかなければなりません。

PAGE TOP