セラミック

セラミックのかぶせ物

当院ではオールセラミックによる非金属の白い詰め物、かぶせ物を行っております。
これは自費診療となります。

今年値段急に安くなって、H30/10からものによっては以前の半額近くで作ることができるようになりました。

色合いにあまりこだわる必要のない臼歯部のセラミックの詰め物は28900円、かぶせ物も32500円で提供できるようになりました。

今の保険診療で使われている金属の詰め物、かぶせ物と比べると次のような特徴があります。

  • 天然歯と変わらない色艶をつけられるため、隣の歯に合った色合いで綺麗に仕上げられます。(特に上記2)
  • 保険診療で可能な白い詰め物(コンポジットレジン)やレジン前装冠(金属のかぶせ物の前にコンポジットレジンを盛って白くしたもの)に比べ
    オールセラミックでは圧倒的に吸湿性が少なく硬いために劣化しにくく、半永久的に変色なく汚れにくく、臭い、摩耗も少ないです。
    装着後の時間経過によってその差はどんどん大きくなっていきます。これは白いプラスシックの弁当箱を想像していただけるとわかりやすいと思います。
  • アトピーや毛髪脱毛の原因になっているともいわれる金属アレルギーの原因となる金属を口腔内に入れないで済みます。
  • 金属フレームのかぶせ物をいれると、入れた歯茎の部分が時とともに金属が溶け出して黒くなってきますが、オールセラミックではそれがありません。
  • 口腔内のほかの金属同士(特に貴金属と非貴金属)に流れるガルバニー電流を防ぐことができ、金属が錆びて溶け出すことはありません。
  • ジルコニアとe.max、2種類のセラミックを用意しております。その違いについて
    1. ジルコニアフレームの硬さは1000MPa、その上に色つけるために盛り付ける陶材は100Mpa前後であるのに対し、e.maxは全体が400MPa前後の硬さで安定しています。
    2. e.maxの方がかみ合わせにとって優しいですが、その透過性のため下の色を拾いやすいです。が、透明感があるのでその点では美しいです。
    3. 前歯の精密な色付けとなるとジルコニアを用いたものの方(上記2)の方が美しく仕上げることができます。
    4. ジルコニアもe.maxもどちらも長所・短所があります。患者さまの口腔内の状態・審美的な要望等を考慮して使い分けていきます。
  1. 価格

価格

1.ジルコニア(ZrO2・二酸化ジルコニウム)
単体(単色・奥歯用)¥70,000/1歯
2.ジルコニアフレームの上に陶材で色合いをつけたもの
(前歯用)¥100,000〜120,000/1歯
(臼歯用)¥90,000〜110,000/1歯
3.e.max(Li2O5Si2・二けい酸リチウム)¥100,000/1歯

PAGE TOP