入れ歯

入れ歯

歯が抜けた箇所へは何らかの補綴治療をする必要があります。
当院では患者さんそれぞれのお口の状態、ご希望に合わせていくつかの治療方法をご提案し、お選びしていただくようにしております。
当院では様々なタイプの入れ歯を扱っております。

保険診療での入れ歯

保険診療で作れる入れ歯は、患者さんの金額負担が少なくすみますが、金属のバネが見え、そこから食べ物が入れ歯の下に入ってきて痛みだしたり入れ歯自体も強度的問題でどうしても分厚く異物感が大きかったりします。
分厚くなってしまうため発音もしにくく、会話を楽しむことが難しいです。ただ、咬むという入れ歯の基本的機能は持たせられるように調整して作成します。
この保険診療で作成する入れ歯は歯を失った場合の必要最低限のものだと考えております。

自費診療で作れる入れ歯

金属床義歯

保険診療で作る入れ歯における口の天井部分や舌の下のプラスチックや太いバーを薄い金属に置き換えたものとなります。
強度を保ちつつ薄く(0.5mm程度)作れて会話も楽になります。熱伝導率もよく、お茶を飲んでもお茶〜って感じがします。
使う金属の材料で価格が異なります。
コバルトクロムは永く歯科材料として使用されてきた金属です。¥300,000
チタンは体内に埋め込むことができるほどの安全性で金属の味もしません。
¥500.000となります。

ノンクラスプ義歯

ポリエステル樹脂やポリアミド樹脂による指でまげてもたわむような新しい素材でできた入れ歯です。
従来の保険診療で作成できる入れ歯と異なり適度な強さ、やわらかさ、しなやかさ、軽さを備えております。
これにより、入れ歯自体を薄く作ることができ、会話も楽で、お餅などが引っ付くこともなく違和感も少なく金属のバネもなく、そこから食べ物が入ってきて痛むこともなく入れ歯であることが他人から見てもわからないようなものとなっております。不意に落としても保険診療で作る入れ歯と比べて割れることも少ないです。
口腔内に金属を入れることの弊害(金属の溶出、金属アレルギーなど)もありません。
最初は既成のトレーで型取りをし、つぎに患者さんに合ったトレーを作成してさらに型取り、そのうえで、かみ合わせやお口周りの筋肉の動きも加味して何度仮の入れ歯を作成して口腔内に装着していただいて納得できる状態まで何度も何度も調節したうえで、ようやく完成させます。
部分入れ歯、総入れ歯かかわらず、一床¥500,000となります。

  1. 価格

保険診療

診療の上でご説明させていただきますので、ご相談ください。

自費診療

  • コバルトクロム:300,000円
  • チタン:500,000円
  • ノンクラスプ義歯:500,000円(部分入れ歯、総入れ歯かかわらず、一床あたり)
PAGE TOP