なるべく削らず神経を抜かないむし歯治療を。

「早期発見、早期治療ってほんと?」

むし歯ができてしまうと歯を削って埋める。

これが従来の常識でした。

しかし、一度削った歯は元に戻ることはありません。一度削って詰めてしまうと、数年後にまた歯と詰め物の境目からむし歯になってしまい、また詰めなおすことの繰り返しになります。詰めなおしているうちにむし歯が大きくなって神経まで達してしまうと、麻酔して神経を根っこの先からすべて取って差し歯にすることになります。するとその歯はドライフラワーのようにボロボロになり弱くなってしまいます。そして数十年後には歯を失うことになってしまいます。

仮にむし歯があっても、むし歯が大きくなっていなければいいのです。定期的に観察しフッ素などを用いて歯を強くしむし歯の進行を抑える。そしてなるべく現状のまま維持管理していく。治療の必要性のある場合は、手間はかかる上に難しいのですが、なるべく隙間のできない方法で、むし歯のある窩洞を「FujiXI(R) Extra」と「CRインレー直説法」で二重に「密封」して治療する。これが当院のスタンスです。

歯科医療は進歩してきています。むし歯は大きくなって痛みが出たりしてからでも、なるべく神経を抜かずに歯を残すことができるようになってきました。従来麻酔して神経抜く以外に手がなかったケースでも、なるべく麻酔せず、歯髄の反応を見ながら、神経を抜かない治療を行っていくことが可能です。ただし、歯も詰め物もかけない形成を行い、正しい操作で「密封」を確保することが必要ですが、これがキッチリできていれば神経を抜かなくても救うことが可能になってきています。

歯を残すことにこだわっています。

これは歯科医師としてのライフワークとして考えております。症例を残して日々検討し、セミナー、学会、勉強会に参加、先輩の先生の医院を見学したりなどして、そのたびに基本に立ち返るようにこころがけております。ついつい自己流にアレンジしがちになるところですが、そこは気をつけて、私意を挟まず、教わった通りに正しい方法で行いようにしております。経験を重ねていき、そしてゆくゆくは私も後輩に指導できるようなレベルに到達できるようにと思っております。

PAGE TOP